« 無事に帰る | トップページ | みんなで歌う »

2006年10月30日 (月)

必修科目の履修漏れ

 高校の必修科目の履修漏れ問題が話題になっている。全国的に公立高校で必修科目を履修させないで卒業させようとしたり、名目上履修させたことにして推薦入試の内申書を提出していることが最近になって公になってしまったのだ。

 こうしたことが起こった最大の理由は入試に関係ない科目の学習に当てる時間を極力減らして「無駄」を省き、受験中心のカリキュラムが編成されていることによる。

 これは明らかに指導要領に違反しているのだが、おかしなことに違反した当事者が責められないばかりか、教育行政の本家本元の文部科学省や地方教育委員会が救済策を探っているのである。学習指導要領の細部を探し回って抜け道になる規定がないかどうか検討しているのだ。 

 大方の言うように確かに高校生の卒業資格や進学に支障が出ては気の毒である。学校は何らかの手立てをしなくてはならないだろう。

 そこで思うことがある。一つは以前内申書改ざんによって処分を受けた教員がいたことだ。これと対比して未履修の科目を履修したように見せかけて内申書を書く事とどれだけの違いがあるだろうか。いったい内申にはどんな成績が記されているというのだろう。

 もう一つ。先日障害を持つS君と会ったときに彼は公立高校に進学を希望したが体育の単位が取れないという理由で受験を許されなかったと話してくれた。現在は例えば都立高校は障害を持つ生徒を区別することなく受け入れているがかつては同様な事例があちこちであった。遠い昔の話だが私自身その当事者である。肢体不自由の生徒の高校進学はこうして一応型が着いたが、まだ他にも単位習得問題で就学できない者はいることだろう。

 学校はこうしてまで単位履修にこだわるのだ。それでいて今回の履修漏れ問題のようなことをやってのける。大勢の利益のためには規則を無視してもことを為すが一人の困難をかかえる者の学習の権利は無視をしてきたのが学校の歴史だったと言える。

 しかし、わたしは学習指導要領どおりにやれと言っているのではない。教育は一人の人間がその人らしく成長することを援助する業である。規則もその人、その場に応じて適応したらよい。もともと教育は行政にはなじまないものなのだから。

|

« 無事に帰る | トップページ | みんなで歌う »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無事に帰る | トップページ | みんなで歌う »