« よろこび | トップページ | 秋のドライブ »

2006年9月28日 (木)

「再チャレンジ」政府という不思議

 安倍政権がスタートした。安倍政権という家は一見親しみやすいように見えるが中には恐い生き物が隠れているような気がする。
 安倍さんは「美しい」日本を造ると盛んに言う。なんともきれいなことばである。誰も反対はすまい。しかし、この中身は教育基本法や憲法の改定であったり、強い日本の経済を構築する営みなのだろう。
 私が最も奇異に思うのは「再チャレンジ担当大臣」が設けられたことだ。今までも安倍さんはこのことばを何度も使っていたがまさか政治の機構に持ち込もうとは予想だにしなかった。
 このことばは現状肯定、自己責任主義、格差是認の思想、これらを内包している気がしてならない。ことばそのものが思想性に乏しく、世間話的でもある。
 強い日本を目指して強者がまっしぐらに走る時、弱い人が躓いたら、「もう一度がんばって上を目指しなさい。何度もチャレンジしていいんだよ」と言う。一見よい話のように聞こえる。だが、これはへんな話である。躓く石ころやでこぼこの道の整備はしないであたかも転んだ人に責任があるかのように思わせるからだ。
 再チャレンジを求めなくともよいような平等な環境を作るのが政治家の務めではないのか。

|

« よろこび | トップページ | 秋のドライブ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

美しい国 日本 という言葉は、政治のスローガンとして適当なのだろうか。 
美しい国とはどんな国なのか。それより何より、美は、人それぞれ違うんじゃないのか。そんな不安定な言葉で 何を言おうとしているのかな。頭悪いのかな。
”怪しい!”

投稿: imamura | 2006年9月28日 (木) 16時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« よろこび | トップページ | 秋のドライブ »