« 秋来る | トップページ | 恐竜づくり »

2006年9月25日 (月)

鶴瓶の家族に乾杯

 月曜日の夜は「鶴瓶の家族に乾杯」を見るのが楽しみである。鶴瓶さんがゲストと一緒にあちこちの町を訪ねてそこに暮らす人とざっくばらんの交わりをかわす姿がなんともおもしろい。今夜は前川清と山口県周防大島町に行ったようすが人情味たっぷりに放映された。
 その中で鶴瓶さんが小さな小学校を訪ねた時の光景は感動させられるものだった。ライブがあるというので鶴瓶さんはぶっつけで学校に行ったのだが校長先生は快く子どもとの接触を許可してくれた。
 ライブは地元の歌手が講堂の舞台で一人で歌うものだった。歌手といっても漁師の息子である。山口さんという人らしいが、芸名はマウンテンマウス。学校でこんな人の歌を授業の一環として全校生徒に聞かせていいものかとわたしは自分の職歴柄心配した。ところがライブが進行すると、子どもたちは全員講堂の床に寝て、目を閉じて歌を聴き始めたのだった。その歌は母の愛を歌い、子どもたちがその愛に育てられ大きくなってきたことを歌い上げていた。鶴瓶さんの両腕の中でも子どもが仰向けに心地よさそうに目を閉じていたし、他の子たちも安心しきって体を横たえていた。
 歌を体で聴く、体の力を抜いて、思い思いの姿勢で聴く。その歌は海で潮風に吹かれながら育った地元の青年が歌っている。人の愛を歌っている。そこには人間の体を用いた豊かな触れ合いがあり、自然の姿があった。
 瀬戸内海の小さな島の小さな小学校でごく自然にこんなに素敵な営みがなされている。これはすばらしいことだ。

|

« 秋来る | トップページ | 恐竜づくり »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。先日はコメントありがとうございました。
自分の事ではないのに、住んでいる県のことをこのように記事になさってくださってとても嬉しい限りです。
来週は後編があるそうなので、そちらもどうぞ☆

投稿: ひなりんご | 2006年9月27日 (水) 20時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋来る | トップページ | 恐竜づくり »