« 平和を求める心 | トップページ | 長崎、原爆記念日 »

2006年8月 9日 (水)

安中教会

 ホームページを巡回していたら安中教会に出会った。懐かしい写真やら人の名前がたくさん載っている。急に50年前の世界に戻った思いだった。そして、つい以下のメールを送ってしまった。
  
 主の恵みが貴教会に豊かに、永遠にありますように。
 小生、新島学園6期のS・Hと申します。貴教会のホームページに出会い、とても満たされた心になっております。それは今も昔も主の恵みが豊かに注がれている姿に接したからです。
 小生は清心寮から松葉杖をつきながら坂を上って礼拝に参加しました。もう50年も以前のことです。その後東京に出て主に連なる決心をし、現在は埼玉・本庄教会で信仰生活を続けています。
 本庄教会は新島学園のH・G先生、こんど貴教会でハープ演奏会を開くSHOさんのお母さんとも深い関係にあります。また、教会員の家族が多く学園に進学していることもこの教会に転会して知りました。
 個人的な働きを申せば、今、小生は全国キリスト教障害者団体協議会会長の立場にあります。この会は障害を持つ者が主によって選ばれて教会のなくてはならない肢として存在することを信仰と働きにおいて証ししようとする全国組織の会です。(ちなみに安中教会の会堂は石段が高かった思いがありますが、今、車椅子の方が出席しておられるでしょうか)
 江川先生や柏木先生、ベーケン先生他の皆さんに助けられ高等学校時代を送り、今、こうして主と共にある幸せをお知らせしたくて拙文を送ります。
 在主

|

« 平和を求める心 | トップページ | 長崎、原爆記念日 »

「信仰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平和を求める心 | トップページ | 長崎、原爆記念日 »