« 2人の若者と老人の対話 | トップページ | お勝手 »

2006年7月18日 (火)

入院と百合の花

病室に一人の夜や梅雨続く
  
オペ前夜病室静かに青林檎
  
短夜や誰を呼ぶのか声止まず
  
年寄りの手術談に安心す
 
妻ゐなく土用の入院頼りなし
  
  
06071922dscf0012 百合の花妊婦のごとくなりにけり
  
百合の花咲いて地面に触れんとす
  
百合咲くや裏の幼子飛んでくる


名古屋場所端然と坐す女将あり
   

|

« 2人の若者と老人の対話 | トップページ | お勝手 »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2人の若者と老人の対話 | トップページ | お勝手 »