« 主の日 | トップページ | 天国の教育哲学 »

2006年7月31日 (月)

歩く

 しばらくぶりで杖で歩いた。丸くなっていたからだが上下に伸びた感じである。まだ胸の痛みはあるが、用心して歩けば大丈夫である。
 立つとズボンの上げ下げが容易にできる。ありがたいことだ。車椅子ではこうはいかない。ずっと車椅子で生活している友はご苦労である。
  
 痛みがあるとなにもしないで寝そべって静かな時間が過ごせた。心も平静だった。ここ4、5日が豊かだった気がする。
 痛みが薄らいで、活動できるようになるとこころせわしくなる。あれこれと手を付けたくなるのだ。能力のないことから与えられる平和というものがあるのかもしれない。

|

« 主の日 | トップページ | 天国の教育哲学 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

痛みが薄らいでこられたようで、ほっとしています。
呉々も無理はなさらず、しっかり治してください。

梅雨も明け、夏らしく暑い季節がやって来そうですが、お互いに夏バテなどに気をつけ、よい夏を過ごしましょう。

投稿: light_on_snow | 2006年7月31日 (月) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 主の日 | トップページ | 天国の教育哲学 »