« 梅雨 | トップページ | 蛇 »

2006年6月14日 (水)

友の手紙

 先日クラス会で会った友に写真と手紙を送ったことは既に書いた。実はその折、「こころの便り」316号「レンズの性格」(http://homepage3.nifty.com/bridge2/317.html)を同封したのだった。

 先週末あたりからお礼の返事が毎日届く。その中の三人の友が「こころの便り」に関心を示してくれ、感想などを書いてくれている。

 今日届いた葉書のK君もその一人である。彼は弟さんが障害を持っておられ、大阪に住みながら弟さんの施設のある徳島県まで時々世話のために出かけなくてはならない。今回もそのためにわたしの手紙を見るのが遅くなったとのことだ。

 Kawano2jpg2K君の葉書には丁寧な絵が最近描かれている。パソコンと違って出す人ごとに手書きするのだから手間もいるだろう。感心するほかない。

 その彼が「こころの便り」を読んでこんなことを書いてくれた。無断に紹介するがきっと許してくれるだろう。

 「『レンズの性格』という一文は気に入りました。人間も自然界の一つの存在なのだという感覚が見えて来たように思います。仏教でいう菩提心ということばを思い起こしました。やはり年齢がそう思わせるのでしょうか。」

 さて、この文、どうもわからない。どなたかこの解釈をコメントしていただけないだろうか。

|

« 梅雨 | トップページ | 蛇 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136400/10521820

この記事へのトラックバック一覧です: 友の手紙:

« 梅雨 | トップページ | 蛇 »