« 共に歩く主 | トップページ | 友への手紙 »

2006年5月10日 (水)

里若葉

 息するも苦しくなりぬ里若葉
  
 06050322dscf0001_1 祈りの会に出席。コリントの信徒への手紙Ⅰを学び、祈りを共に捧げる。わたしたちはそれぞれに神から賜物を与えられていることを教えられる。人を愛することも神様から与えられた賜物によっているのだ。自分の徳を高めるためでなく、神からいただいたものを用いることによって人を愛することができる。
   
 教会への道は先日までは花々でにぎわっていた。狭い旧中仙道だから車は両脇から垂れ下がる色とりどりの花木の間をぬって走らねばならない。
 しかしそれもつかの間だった。今はどこ家の庭も垣根も緑一色である。息苦しいまでに緑が覆いかぶさってくる。
 今日はその緑も雨に濡れそうである。

|

« 共に歩く主 | トップページ | 友への手紙 »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 共に歩く主 | トップページ | 友への手紙 »