« お彼岸 | トップページ | 捧げるということ »

2006年3月27日 (月)

花腕輪

卒園の孫にもらひし花腕輪

光ちゃんが卒園した。保育園には5年11ヶ月お世話になった。
今日から、4月になって児童館にいけるようになるまで家で過ごす。わたしたち夫婦がその間面倒を見なくてはならない。
パソコンで「たまごっち遊び」をし、お買い物ごっこをし、また庭に出てお遊びをしても時間はなかなか経ってくれない。
「じいちゃんが歩けて、強ければいいな」と言いつつも光ちゃんはなかなか解放してくれない。

東の道の脇にはナズナの花がたくさん咲いている。光ちゃんに頼んでその一本を抜いてもらった。小さな葉を引っ張って葉柄を茎からすこしはがし、耳元で揺すってみせた。光ちゃんは「響くよ」とナズナが立てる音に聞きほれた。
そのうちに光ちゃんはまた別の茎を二本手にし、輪にして「はい、じいちゃん」とわたしの手首に巻いた。小さな緑と白のリストバンドがわたしの手首で踊った。

|

« お彼岸 | トップページ | 捧げるということ »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136400/9283599

この記事へのトラックバック一覧です: 花腕輪:

« お彼岸 | トップページ | 捧げるということ »