« 信仰による慰め | トップページ | お彼岸 »

2006年3月20日 (月)

運転免許の更新

本庄警察署に出かけて免許証の更新をしてきた。白内障が進んで右目はいつも霞がかかっている状態なので視力測定が気になっていたがなんなくクリアーできた。

今回の更新にはある特殊な感慨がある。それはこの更新が69歳の更新だからである。優良運転なのでこの更新によって今後また5年は運転できることになる。もしも5年後の更新ができるとすればそのときは74歳だ。
そうすれば晩年になってわたしを頼りにしてくれた兄が亡くなったのが72歳だからその歳を越えることになってしまう。脳溢血で不自由な生活を数年送った父が義姉に見取られたのが74歳である。もうわたしの歳はそんなに大きな歳になっているのだ。
わたしの家系は男性は皆早死にである。父ほど生きたものは祖父を含めていない。
与えられた歳を大事に生きねばならない。

|

« 信仰による慰め | トップページ | お彼岸 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136400/9173860

この記事へのトラックバック一覧です: 運転免許の更新:

« 信仰による慰め | トップページ | お彼岸 »