« 片付けごと | トップページ | 膝を傷める »

2006年3月 3日 (金)

選ばれた一句

俳句誌「道」には毎月五句ずつ投句している。たくさんの句仲間が出すから数え切れないほどの句が毎号載る。
そんな中、十二月号に出した一句が句友の目に留まって感想を頂いた。選んでくださったのは久保善男という方である。

こんなふうに書いてあった。

  妻のためラジオ買ひけり秋の暮         渋沢 悠歩

 私もラジオファンの一人で特に深夜放送をよく聞きます。奥様にラジオを買って差し上げた作者も、見るテレビより聞くラジオに感心が移ったのかも知れません。ラジオに耳を傾け合う仲睦まじいお二人の笑顔が目に浮ぶ、ほのぼのとした句です。

 実は和子は毎晩ラジオを聴いているのでイヤフォンのコードが切れてしまったのだ。夜中遠慮して聴いている姿を見て、不便だろうと思いネットショッピングで注文した。もうだいぶ以前のことなので確かではないが、どこかの講演に行った謝礼が入った時だったという気がする。

 

|

« 片付けごと | トップページ | 膝を傷める »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136400/8923101

この記事へのトラックバック一覧です: 選ばれた一句:

« 片付けごと | トップページ | 膝を傷める »