« 泣ける幸せ | トップページ | 政治家の感覚 »

2006年1月31日 (火)

朝日新聞、投稿を採用

先日投稿した原稿を朝日が採用した。投稿した夜担当者から電話が入り、内容の確認や、私のホテルでの宿泊体験などを聞かれた。その後もFAXで字句訂正と内容確認などをやりあってようやく昨日、紙面に載ったというわけである。文面はこうだった。

偽装して利益/哀れなホテル 

 ホテル「東横イン」が偽装工事をしたとの記事(27日)を読んだ。障害者用の駐車場や部屋を設けたのだが、工事完了検査後にそれらを撤去、改造したというのだ。なんとも哀れな話である。

 ホテル側は障害者用客室や駐車場について「利用する人が少ない」との判断だったという。

 私は車いす利用者である。テレビで旅行番組がよく放送される。私は番組を見る時、部屋の構造、玄関の階段の有無、風呂の浴槽の高さなどに注目する。そして、ほとんどの場合、その番組は私には無用だったと、見終わって思う。宿泊するに足る設備を持っていないことが多いからである。

 ホテル側の言うように、利用者が少ないのは事実であろう。それはこのホテルのように設備をカットして、障害を持つ人が気安く旅行出来る環境を整えないからである。

 利益追求を第一とし、公共の役割や福祉対策を忘れる企業が多いのは、強者中心の政治の責任も大きいという気もする。

昨日はこれを見てくださった方5人からお電話やメールを頂いた。血圧が高く朝から調子が悪く元気がない私だったので、これらの電話などはありがたいものだった。

|

« 泣ける幸せ | トップページ | 政治家の感覚 »

「障害のある生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136400/8431216

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日新聞、投稿を採用:

« 泣ける幸せ | トップページ | 政治家の感覚 »