« 中風の男と四人の人 | トップページ | 泣ける幸せ »

2006年1月27日 (金)

ホテルの哀れさ

 ホテル「東横イン」が偽造工事をしたとの記事が今朝の朝日新聞に載っていた。一度障害者用の駐車スペースを設置したり、障害を持つ人が使いやすい部屋を設けたりしたのだが、工事完了検査をパスしたらたちまちのうちにそれらを撤去し、営業を始めているというのである。

 なんとも哀れな話である。

 ホテル側の話によると、偽造したのは「利用する人は少ないので、業務用スペースを広げる方がいい」との判断だったという。

 私は体に障害を持つ車椅子利用者である。春になるとテレビでは旅番組が多くなり、芸能人が温泉や料理を堪能している場面がよく流される。私はその番組を見るとき部屋の構造、玄関の階段の有無、風呂の浴槽の高さなど番組の末端ともいえる部分に注目せざるを得ない。そして、ほとんどの場合、その番組は私には無用だったと見終わって思う。宿泊するにたる設備を持っていないことが多いからである。

 ホテル側の言うように利用者が少ないのは事実であろう。それはこのホテルのように設備をカットして、障害を持つ人が気安く旅に出る環境を整えないからである。どこに行っても安心して宿泊できる環境が用意されれば私達も出たくて仕方ないのだ。

 利益追求を第一とし、社会における公共の役割を忘れる企業が多いのは単にホテルだけの責任ではなく、強者中心の政治の責任がより大きい気もする。

 以上の意見を朝日新聞声欄に投稿した。さて、採用されるや否や。

|

« 中風の男と四人の人 | トップページ | 泣ける幸せ »

「障害のある生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136400/8361542

この記事へのトラックバック一覧です: ホテルの哀れさ:

« 中風の男と四人の人 | トップページ | 泣ける幸せ »