« ドキドキ体験 | トップページ | クリスマス »

2005年12月22日 (木)

冬の日

hana   冬の日やメールチェックで始まりぬ

 待降節壁のカードに孫笑顔

 降誕祭異国の友にメール書く

 雪国に雪国のクリスマス来たりませ

 今日もメールチェックで一日が始まった。外はひどい風である。空は石灰色に染まっている。でも、こうして日記を書くわたしの書斎は静かで暖かだ。

 韓国のお世話になった方々にクリスマスカードをメールで送った。英文はもうしばらく書いていないので簡単な文章にも自信がない。クリスマスのお祝いと新年の挨拶、それに、先日ソウルで素敵な時をありがとうございますと書いた。

 最後に障害を持つすべての子どもに神の恵みのありますように、私たちが神様の御用に用いられますようにと書き足した。

 居間の壁には届いたクリスマスカードを留めている。学校から帰ったハルちゃんが、ワーきれい、と喜んでいる。

 年賀状も郵便局に届けたし、新教出版から依頼された雑誌原稿も書き終えた。この年末は昨年のような入院騒ぎもなくなんとか静かに過ごせそうで、本当にありがたい。

|

« ドキドキ体験 | トップページ | クリスマス »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136400/7774586

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の日:

« ドキドキ体験 | トップページ | クリスマス »