« 聞き手の自由さ | トップページ | ドキドキ体験 »

2005年12月13日 (火)

わくわく旅行

 11月25日から27日まで主人と二人で韓国に旅行してきました。午前4時55分に上信自動車道藤岡インターチェンジを出て高速道路で羽田まで2時間ちょっと。
 生まれ育った東京を離れて8年、久しぶりに東京湾の美しい日の出を見ることができました。これが今回の旅の第一のわくわくでした。

 韓国旅行はこれで2度目。前回は団体でしたのでついていくだけでしたが、今回は個人行動。障害のある主人はバスの乗り降り、空港での手続きなどそれはそれは多くの人の手を借りました。

 国内線ターミナルから国際線への移動はバスを利用しますが、入り口のスロープがあまり使われないらしく運転手さんが一生懸命操作しても動かず、とうとう乗客の皆さんが車椅子を持ち上げて乗せてくださいました。降りるときも然り。

 さて、旅の目的は「喜びのいのち」韓国語版の出版記念会への出席でした。主人は今、全国キリスト教障害者団体協議会の会長をしていますが、この会で出版した本をあちらでぜひ出版したいとの医療関係者の要望があり、それが実現したのでお祝いの会に招かれたのです。

 出生前診断が問題になっている昨今、皆さんに読んでいただきたい本です。祝賀会はセイブ・ザ・チルドレンというNGOの団体が主催してくださり、約160人の方が集まり大変賑やかな会となりました。

 金浦空港に降り立った時から帰りの空港まで日本に留学されたことのある大学教授の方が全部わたしたちの世話をしてくださいましたが、ソウル市内の見学でもたくさんの人の親切に接し、感動しました。初めて接するわたしたちなのに階段の上り下りなど気軽に手を差し伸べてくださいました。
 こうして第2のわくわくを2泊3日の旅を通して実感してきた次第です。(和子)

|

« 聞き手の自由さ | トップページ | ドキドキ体験 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136400/7599093

この記事へのトラックバック一覧です: わくわく旅行:

« 聞き手の自由さ | トップページ | ドキドキ体験 »