« 喜びの記念会 | トップページ | 聞き手の自由さ »

2005年11月30日 (水)

カササギ鳴く

keikanrou_043 統治せし宮にカササギの声激し

景福宮は美しい、壮大な宮であった。もっとも大きな建物である勤政殿の前庭は石畳が広がって、とても車椅子では動けない。しかし、かつて王が臣下の拝礼を受けたというその庭には階級によって並ぶ位置が決まっていたらしく、石の目印が沢山据えられていた。

わたしは介助してくださる方に車椅子を押され、回廊を行くことにした。そこは土のまま残され、朱の柱と緑色を交えた幾多の色の文様の梁が屋根を支えて静まっていた。

この王宮では200の殿閣が日韓合併によって破壊され今では10棟が残るだけだという。しかし、その建物は皆美しい。中でも慶会楼は心洗う優美さを備えている。柳の緑と周囲にめぐらされた池に映える殿を見ていると、かつてここで王たちが宴の夕べを催した姿が浮かんでくる。目を先方に向けると幾つかの緑の屋根が重なり合い、海の波が寄せるようにも見えた。

やがてわたしたちは同じ敷地に建つ国立民族博物館に向かったのだが、歩く道には高い木々が多く枝を張っていた。車椅子で土の凹凸を避けながら進むそのときである。頭上に荒々しい鳥の声を聞いた。鴉か、尾長鳥のようでもあった。

「カササギです」車椅子を押しながら韓国の友はそう教えてくれた。「韓国では珍しい鳥ではありません」。カササギはわたしの中では美しい絵を作り出す鳥であった。和歌にも詠まれて、夢を演出する鳥でもある。

その鳥があわただしく飛びながらけたたましく鳴いて、枝を渡っていたのである。わたしは頭を低くして先を急いだ。

|

« 喜びの記念会 | トップページ | 聞き手の自由さ »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136400/7395656

この記事へのトラックバック一覧です: カササギ鳴く:

« 喜びの記念会 | トップページ | 聞き手の自由さ »