« 恩師との出会い | トップページ | 今日の一句 »

2005年10月19日 (水)

「喜びのいのち」韓国語版の出版

corea  「喜びのいのち」韓国語版が出版された。この本は日本では2000年に新教出版社から出ている。全国キリスト教障害者団体協議会の編集によるものでる。

 本書が編まれたのは「生命科学の浮上と共に、いわゆる先端医療技術といわれるもののわれわれの予想をこえた進捗状況に伴ない、特に特定の障害児は胎児の段階より選別されると聞くに及び、危機的な状況を障害者の立場において、またキリスト者の立場において感じ取ったがゆえに他ならない。」(本書解説より)からであった。

 そして第一部で生命倫理と聖書が示す命についての講演を収録し、第二部においては障害を持って生きることの喜びを手記を中心にまとめて出版されたのだった。

 この本が韓国の同じ課題を持つ医師たちが立ち上げた「韓国先天性奇形フォーラム」の目に留まるところとなり、困難を潜り抜けてようやく出版のはこびとなったのだった。

 科学の進歩がとかく人道的とか不幸な人を救うという名目のもとに社会で歓迎されているとき、神の用意された人の命がその「科学の進歩」によって人間的に操作されないように、本書が韓国においても、またわが国においてもよいはたらきをしてくれることを祈らずにはいられない。、

|

« 恩師との出会い | トップページ | 今日の一句 »

「信仰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136400/6470775

この記事へのトラックバック一覧です: 「喜びのいのち」韓国語版の出版:

« 恩師との出会い | トップページ | 今日の一句 »