« 祈り | トップページ | 小学校にて »

2005年10月29日 (土)

今日の一句

 帰宅して子ら微笑ぬ炬燵あり

 急に寒くなった。居間の畳で新聞を広げていても落ち着かない。足元が冷え冷えしているのだ。外に出て日差しを浴びる。隣にある畑で隅のトランペットフラワーが大きな花を下に向けて黄色く咲いている。

 秋の日はすぐに雲に隠れる。わたしも誰と言葉を交わすでもなくまた家に入る。

 妻に言ってこたつを出すことにした。スイッチを入れると少し間ほこりのこげるにおいがする。やがて足元が暖かくなった。いい気持ちである。

 職場や学校、保育園から長男家族がそろって帰ってきた。孫たちはこたつを見つけるとかばんを放り出し、もぐりこんだ。一歩遅れてドアを開けた息子も「こたつか」と言って微笑んだ。

 晩秋の夕暮れである。

|

« 祈り | トップページ | 小学校にて »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136400/6715911

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の一句:

« 祈り | トップページ | 小学校にて »