« 怒り | トップページ | アーモンドの会開かれる »

2005年9月22日 (木)

教会の椅子

 ブログの面白さが実感できることが起きた。

 わたしは今、2人の方とつながりを持っていて、その方のブログを表紙に貼っている。お一人は牧師さん、もう一人は俳句とエッセイの上手な、どうも前橋市あたりにお住まいらしい女性である。

 先日牧師さんの文章にコメントを入れたら、その返事が返ってきた。コメントとお返事を以下に載せる。

 わたしは車椅子を使っています。車椅子は肘掛があり、礼拝中からだが曲がってしまうこともなく、疲れも少なくてすみます。
 それ以前は会堂の椅子に座っていました。椅子は硬く、体にまひやわんきょくがあると座りにくいものです。
 「信徒の友」誌に新会堂が紹介されますが、わたしは会堂の椅子の美しさよりも、誰が座っても安心して説教を聞けるだろうかと気にしながらページを見つめます。極端に言えば、寝転んでもいい、足を伸ばしてもいい、そんな安心して神様に向き合える会堂があったらいいですね。
 

 私も、いろいろな教会の造りを見るのは好きですが、それぞれ、視点があるのですね。「安心して神様に向き合える」という視点は、とても大事なことだなと思いました。

 見ず知らずのお方でもこうして心が通い合うということはうれしいことである。

|

« 怒り | トップページ | アーモンドの会開かれる »

「信仰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136400/6061693

この記事へのトラックバック一覧です: 教会の椅子:

« 怒り | トップページ | アーモンドの会開かれる »