トップページ | 2005年10月 »

2005年9月

2005年9月24日 (土)

アーモンドの会開かれる

 「埼玉地区第11回 障がいを負う人々共に生きる教会を目指す懇談会(アーモンドの会)」が昨日恵みのうちに21教会、60数名の参加者を得て本庄教会を会場として開かれた。

 わたしは講師として招かれ、主題講演を行うことを許された。いずれこの講演内容はまとめて公表するつもりである。
 ただ一言講演をしている時の思いを記せば、参加者の皆さんがわたしと心を一つにしてくださって、時を共有してくださっていたということである。
 時々このような場で声を発してしまい、参加者に迷惑をかけることをお母さんが心配しているY・M君が、最前列で車椅子に座って、「アーメン」などと言葉を挟んでくれたが、そして、お母さんはこのことを気にしているようであったが、彼のお陰でわたしは心に余裕を持って話を続ける恩恵にも与ったのだった。 

 午後の分科会ではわたしの話があちこちで取り上げられていた。わたしの話はわたしの思いを超えて広がりを見せ、それぞれの方の関心によって豊かにされていた。
 講演をする機会は随所にあるが、今回のように多くの人に自らの関心と関連づけて聞いていただいたのは初めてのような気がする。

 最後の全体会では各分科会の報告がなされたのだが、その中で本音の言えない教会、苦しみを明かせない教会という深刻な問題が提起された。「今日はじめてお話しすることができました。自分の教会でも話していません」「本当に苦しい時には教会に出ていない」というのである。

 このことについては改めて考えてみたい。

 本庄教会という埼玉県では北の隅、ガリラヤの地方でこの集会が開かれた意義は大きいものがあるだろう。 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月22日 (木)

教会の椅子

 ブログの面白さが実感できることが起きた。

 わたしは今、2人の方とつながりを持っていて、その方のブログを表紙に貼っている。お一人は牧師さん、もう一人は俳句とエッセイの上手な、どうも前橋市あたりにお住まいらしい女性である。

 先日牧師さんの文章にコメントを入れたら、その返事が返ってきた。コメントとお返事を以下に載せる。

 わたしは車椅子を使っています。車椅子は肘掛があり、礼拝中からだが曲がってしまうこともなく、疲れも少なくてすみます。
 それ以前は会堂の椅子に座っていました。椅子は硬く、体にまひやわんきょくがあると座りにくいものです。
 「信徒の友」誌に新会堂が紹介されますが、わたしは会堂の椅子の美しさよりも、誰が座っても安心して説教を聞けるだろうかと気にしながらページを見つめます。極端に言えば、寝転んでもいい、足を伸ばしてもいい、そんな安心して神様に向き合える会堂があったらいいですね。
 

 私も、いろいろな教会の造りを見るのは好きですが、それぞれ、視点があるのですね。「安心して神様に向き合える」という視点は、とても大事なことだなと思いました。

 見ず知らずのお方でもこうして心が通い合うということはうれしいことである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月17日 (土)

怒り

職場で一緒だった女性からお手紙をいただいた。溜飲を下げる思いのする文なので匿名で紹介させていただく。

拝復

内視鏡の結果、お知らせくださってありがとうございました(注・先日大腸がん検査の結果をこの姉妹にお知らせしたのである)。ほっとしております。

久しぶりに俳句を作りました。

 ジャンケンをするような選挙バラの咲く

 人命を無視する政治彼岸花                                       

 小泉はヒットラーだよと叫びたき(川柳かな?)

国民を愚弄するかたちの選挙がまかりとおる政治に憤る人々のあることを信じて、一歩ずつ、大地を踏みしめて、生きていこうと思っています。

| | コメント (0)

2005年9月15日 (木)

地区集会

さわやかな秋風が吹く今朝、我が家で本庄教会の地区集会がひらかれた。

レビ記の9章がテキストだった。ここはアロンによって初めての捧げ物がなされたことを記す箇所である。聖書には贖罪の捧げ物、焼き尽くす捧げ物、和解の捧げ物がアロンによって捧げられたと記されていた。

イスラエルの民は牧畜の民である。その民が自らの生活に必要な家畜を神に捧げる。その捧げ物はほふられて血を流す。

わたしたちの信仰はわたしたちの必要なものを神に差し出しているだろうかと思わされる。

家畜がほふられて、血を流す。このことをとおして民は贖われる。イエス・キリストが十字架で血を流されたのはこの旧約の捧げ物とおなじように、自らを犠牲の羊とされたのだった。

レビ記の学びはこうしてわたしの信仰を育ててくれる。集った姉妹は3人、牧師を入れて5人の集会であったが神が臨んでくださるよい会であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月12日 (月)

平和憲法の行く末

総選挙のお祭りが終わった。自民党の圧勝だった。小泉反対派を追い出し、自民党を挙党一致のものとするドラマが見事に国民の関心をひき、自民党はゆるぎない勢力となった。

ここで心配なのは弱い人々の中で純粋な願いとなっている平和憲法の行き先である。自民党は憲法を改定し、軍隊を持てる国を作り、日本の安全を自らの力で守ると言っている。9条も改定されるのは必至であろう。

すでに総務省では「国民保護計画(案)の概要」を発表し、武力攻撃を受けた時の自治体や国民の対応の仕方について意見聴取の段階に入っている。核を迎撃するミサイルの開発もされているし、学校では君が代、日の丸に異を唱える教員が排除されているのが現実である。

憲法前文にある「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」精神は国によって完全に忘れ去られている。

8月のテレビ番組では「平和が尊い、戦争はいやです」という声が毎日のように報道されていたのに選挙になると自民党がこんなに支持されてしまうのはなぜなのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月11日 (日)

困難を通しての宣教

フィリピの信徒への手紙を礼拝で解き明かされた。パウロの獄中書簡である。パウロは獄中に囚われの身になっていてもそれが福音を宣べ伝えることに益するのならそれを喜ぼうと言っている。

人には多くの困難がある。教会も欠けの多い集まりである。しかし、福音はその欠けていることを通してまでも世界に広がっていく。

わたしたちが宣教に意を用いるならば主は不十分さを用いてまでもこの世を救おうとしてくださるのだ。

| | コメント (0)

2005年9月 9日 (金)

平和の祈り

リンク: クイック投稿 | blogサービス[ココログ]:@nifty.

本庄市内の教会が月に一度ともに集まって祈る会をしている。今朝は本庄教会が会場であった。

集まる者は少なかったがイエスを信じて二人、三人が集うところに神は臨みたもう。牧師から詩篇22の説き証しを聞き、平和を来たらせてくださるようにと祈りを合わせた。

関東大震災の後、朝鮮の人たちが本庄でも犠牲になったことも話題になり、そのことを神にざんげし、平和を祈る会が本庄カトリック教会で行われたという。わたし達は朝鮮の方々に多くの悲しみを与えてきたことを改めて思い知らされた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 8日 (木)

80歳の友

教会の友が訪ねてくれた。パソコンが好きなもう80歳近い方である。お元気にホームページ開設に努力しておられる姿は本当に若々しい。
しばらくパソコンで遊んでからわたしの髪を刈ってくださった。この兄は人に喜ばれることを喜びとしておられる。
そんな風にみんなが生きられたらどんなにすみよい社会になることだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 7日 (水)

展示会に行く

日記

孫のハルちゃんの熱心な誘いで小学校に行って夏休み作品展を見てきた。

昨日行こうとしていたのだが雨でグランドがぬかるんでいたり、門扉を開ける苦労などがあって果たせなかった。わたしは車椅子を使っているからである。「ジイちゃんは行かないよ」。昨晩こうハルちゃんに話した。

でも、ハルちゃんは「ジイちゃん、来て」を繰り返して、わたしの躊躇している気持ちなどまったく眼中にない。「玄関にはスロープがあるよ。そこを入ったら先生のところへ行けば車椅子を持ち上げてくれると先生が言ってた。だから来て。」

今日は台風がそれて天気もよくなり、道は乾いている。ハルちゃんのことを思うと、応えないわけにはいかない。行くことにした。

展示会場の体育館までは数段の階段があったが先生方のサポートで無事たどり着くことができた。そして、色とりどりの紙粘土の貯金箱をうれしい気持ちで見て回ったのだった。そのうえ、わたしが小学校時代からある大きな鷲の剥製までも懐かしく見つめる機会をいただいたのである。

 ハルちゃんはわたしが車椅子に乗っていることをまったく気にかけていない。松葉杖をついて息子たちの運動会に行った20年前は友達がじろじろ見るのを彼らは嫌ったのだが、それと対比すると大違いである。

 ハルちゃんのおかげで今日はよい日になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年10月 »